手厚いサービスを提供している松井産業で決まり

  1. ホーム
  2. 比較的購入しやすい住宅

比較的購入しやすい住宅

室内

ひとつの土地に複数の住宅

地方では現在、過疎化が進んでいますし、その分都市部には、人が多く集まるようになっています。そしてそれに伴って、地方の地価は下がり、都市部の地価は高くなっているのです。西日本最大規模の都市とされている大阪でも、やはり人口が急増していますし、地価は高騰しています。そのため、大阪への転居を希望していても、地価の高さから住宅を購入できず、悩んでいる人も増えています。分譲住宅は、そのような人々から注目されています。分譲住宅とは、ある程度の広さがある土地に複数の住宅を建て、それぞれを別個に販売するという、一種の建売住宅です。分譲住宅には、ひとつの土地に住宅が1軒という通常の建売住宅よりも、安く購入できるというメリットがあります。そのため、地価の高い大阪でも比較的購入しやすいことから、話題となっているのです。

自由度の高まり

分譲住宅は多くの場合、販売開始時点で外観も内装もほとんど決定しています。注文住宅と異なり、自身で設計する必要がないので、その手軽さからも人気があります。建築家が生活動線などをしっかりと考慮して設計しているので、暮らしやすいという点もメリットのひとつです。ただし昨今では、ある程度自分の好みのデザインにすることを希望する人も増えています。個性を重視する人の多い大阪では、特にその傾向があります。そのため大阪では、購入した人の希望をある程度反映させることのできる分譲住宅も販売されています。完成前に売りに出すことで、未完成の部分、たとえば壁紙やトイレの便器などを、購入した人が複数の候補から選択できるようになっているのです。こういった自由度の高まりからも、大阪の分譲住宅は関心を寄せられています。